デアゴスティーニ

デアゴスティーニから週刊『サンダーバード秘密基地』が2020年1月14日(火)創刊!

デアゴスティーニから空想特撮番組「サンダーバード」の秘密基地をつくるキット付きマガジンシリーズ、週刊『サンダーバード秘密基地』が発刊されます!発売は2020年1月14日(火)!幅約70.3cm、奥行約57.8cmの巨大なサンダーバード秘密基地しかもギミック満載です。僕の場合、サンダバードについては胸キュンな世代なのでコレは堪らない商品です。

秘密基地は細部に至るまでを完全再現。
救助メカの発進プロセスから格納庫の内部構造まで徹底的に作りこむ“前代未聞”のシリーズとなっています。
マガジンには分かりやすい組み立てガイドや、サンダーバード本編だけでは知りえなかった情報が満載。
また特別付録として創刊号には「創刊記念スペシャルDVD」、第2号には小冊子「国際救助隊機密ガイド」がついてきます。

どの程度作りこまれているかというがわかる動画が↓こちら。マジかよ!!

どうやら半端ない作りこみのモデルのようです!これは期待しかない!!

↓詳細はこちらの公式ページで!

週刊『サンダーバード秘密基地』@デアゴスティーニ公式

週刊『サンダーバード秘密基地』概要

■商品概要
タイトル:週刊『サンダーバード秘密基地』
価格  :創刊号特別価格  :499円 (10%税込)
第2号特別価格  :1,099円(10%税込)
第3号以降通常価格:1,890円(+税)
創刊日 :2020年1月14日(火) ※一部地域により異なります
刊行周期:週刊
刊行号数:全110号(予定)

今回の週刊『サンダーバード秘密基地』では二段階の価格設定。1,2,3号で価格が上がっていきます。

全110号なのでコンプリートするまでの総費用は 499 + 1099 + 1890x108 = 205,718円。

『サンダーバード秘密基地』のサイズなど

『サンダーバード秘密基地』自体の情報です。

全幅:約703mm
奥行:約578mm
高さ:【基地】 約265mm(TB5号上部まで約400mm)【ベース】 約50mm
重量:約8.0kg

ジオラマ本体はコンセントからアダプターを通して電源を供給します。

光、音、動きなどのギミックが満載。

しかもサンダーバードメカ、救助メカも付属!

基地は付属のマガジンに掲載されているマニュアルをみながら組み立てます。

 

マガジンコンテンツにも注目。

週刊『サンダーバード秘密基地』は基地のモデルを作るだけではありません。毎号マガジンが付属します!

↓『サンダーバード』の生みの親、ジェリー・アンダーソンの生涯を振り返る連載記事。

↓研究家・柿沼秀樹氏によるサンダーバードガイド。

サンダーバードビンバッジコレクションも販売!

デアゴスティーニのサイトをみるとわかるのですが、小松崎茂氏によるサンダーバードアートピンバッジコレクションも発売!ピンバッジは合成七宝製。

↓詳細はこちらの公式ページで!

週刊『サンダーバード秘密基地』@デアゴスティーニ公式

読者全員プレゼントはポートレートバッジ!(バージルの目が光る)

創刊号〜17号を購読すると、読者全員プレゼントとして「ポートレートバッジ」がもらえます。

例の目がひかる額がバッジになっているのです。このバッジは・・。欲しいです!

Webで定期購読を申し込むとオリジナルクリアファイル(2枚セット)プレゼント!

また、2020年2月20日までにWebで定期購読を申し込むとオリジナルクリアファイル(2枚セット)がプレゼントされます!

↓定期購読のお申し込みはこちらの公式ページで!

週刊『サンダーバード秘密基地』@デアゴスティーニ公式

  • この記事を書いた人

shu-nani

デアゴスティーニやアシェットから発売される「週刊〇〇」に興味がありすぎて情報サイトを立ち上げました!よろしくお願いします! (地方限定の情報をいただけると助かります)

-デアゴスティーニ

© 2021 週刊なになにドットコム