アシェット・コレクションズ

【レビュー】アシェットの「週刊ブルートレイン 3車両をつくる」創刊号を組み立てたら難しくて泣けた。

アシェットから発売された週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』の創刊号を購入し、組み立てました!299円でこのビッグサイズのモデル制作の一部が体験できるのはなかなかのモノ!本記事では、週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』創刊号の感想、注意点などを紹介します!

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』の創刊号を紹介!

正直、書店のレジに並ぶのも少し恥ずかしかったのですが・・創刊号はサイズがスゴイです!

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号外観

こちらが週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』の創刊号。

この厚みに驚きました。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号外観

かなり分厚い!書店の袋に入りにくい場合も・・。

創刊号は立ち読みでもマガジンの内容とパーツの確認が可能です。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属のパーツ

マガジン部分は取り外しが可能です。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号マガジン切り離し

マガジン部分は取り外しが可能

創刊号にはマガジン、モデルのパーツの他にDVDが付属します。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号の内容物

マガジンとシリーズガイドが一体になっています。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属のシリーズガイド

組み立てるモデルがイメージできるように、見開きを使い、完成時の実物大写真が掲載されています。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属のシリーズガイド

ブルートレイン全史のプロローグ、メモリアルギャラリー(あさかぜ)、ブルートレイン列車列伝、ブルトレ超入門といったコンテンツが掲載されています。(計7ページ分)

DVDではブルートレインの概要、組み立てるモデルの紹介、組み立て解説が入っていました。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属のパーツのサイズ感

↓ パッケージにはパーツの入っていない箇所があり、ちょっと不安になりましたがここは空の状態でよいみたいです。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号パーツの空き

パーツ不足している?と不安になりますが、ここは空でOK。

今回のメインパーツが↓これですが、なかなかの重量感。

EF66ボディ全面パーツのサイズ感重さを測定したところ、これだけで135g。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属のパーツの重さ

これは楽しみです!

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』の創刊号を組み立てる!

それではモデルの組み立てに入りましょう。

僕は普段モデルを組み立てる事はしない素人です。
その視点で書いていますのでご注意を。(熟練の方に怒られそうです・・)

今回組み立てるのは、EF66ボディ前面部分。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号で組み立てる部分

写真の赤い部分が今回組み立てる内容です

組み立てには工具などが必要!

モデルを作るのだから当然でしょ・・という事なのでしょう。接着材、ニッパー、プラスドライバーが必要です。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号組み立てに必要なツール

本屋さんで購入して、家ですぐに組み立てられるのは工具のそろっている方だけです!

↓ とりあえず家にあった瞬間接着剤を使う事にしました。

使用した接着剤

接着剤が必要です!

(この接着剤、確か「ゴジラをつくる」に付属していたモノです・・アイアンマンならドライバーも付属していたのに・・)

パーツが細かい!

購入する前から気付いていましたが、プラスチックのパーツが細いのです。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属のパーツ

しかも不慣れなためか、どこをニッパーで切ればよいのかわからない・・という状況。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属パーツのランナー

どこを切り離せばよいのかすらわからない。(なんとかなりました)

ガンプラとはちょっと違う感覚のようです。(「ザクとは違うのだよ!ザクとは」みたいなセリフが浮かびました)

パーツが柔らかく、曲がる・・。

さらにパーツ自体が柔らかく、曲がってしまったりします。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号のモデル

クリーム色のパーツが曲がっているのがわかるでしょうか・

しかも、クリーム色の塗装がされているのですが、ぐにゃぐにゃしてしまうと(←曲げるとの意)ぽろぽろと塗装が剥げてくるのです。

これゃ難しい!

もううまくハマらなかったり、曲がったり、接着剤がはみ出たり、取り付ける方向がわからず、泣きそうでした。

01-06bなんて、どの方向で取り付けるのかさっぱりわかりませんでした。(なので、適当につけました)

格闘すること40分。なんとか完成!

格闘すること40分。なんとか完成しました。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号モデル完成!

完成!

接着剤はみ出まくりです。ゴメンナサイ!

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号接着材はみだし

はみ出しどころの状態ではないですね・・。ゴメンナサイ。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号接着材はみだし

接着剤の付いた指で金色のパーツに触ってしまったみたいで・・。ゴメンナサイ。

これは難易度高いですね・・・。

アシェットさんのモデル、なめていました。ゴメンナサイ。かなり硬派です。

創刊号は塗装をよく見て買え!

最終的に接着剤がはみ出て外観など気にする必要はなくなったのですが、創刊号の塗装状況については購入時によく確認した方がよさそうです。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属パーツの塗装

上右側のブルーとクリーム色との境に傷?があったり(組み立て前です)

正面中央下部のブルーの境が美しくなかったりしています。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号付属パーツの塗装

書店での購入時にはブルーとクリームの境について確認した方がよいです。

感想「モデル作製初心者は創刊号を3冊買え!」

今回の週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』の創刊号を作ってみて、みなさんにお伝えしたい事があります。

モデルの組み立ては結構難しいです。覚悟してください。

僕のようなモデル作製の初心者は創刊号を3冊くらい購入した方が良いです。

パーツを曲げてしまったり、接着剤がはみ出たりさまざまなトラブルがあなたを待っています。

代わりのパーツを用意しておいた方が良いでしょう。

ホント、大人になってからここまで「できない事」ってあまりないです。初心者の方は僕のように泣いちゃうと思います。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号とアイアンマン

アイアンマンは簡単でしたが、ブルートレインは難しかったです。

また、接着剤やニッパーは必要です。事前に準備しましょう!

 

  • この記事を書いた人

shu-nani

デアゴスティーニやアシェットから発売される「週刊〇〇」に興味がありすぎて情報サイトを立ち上げました!よろしくお願いします! (地方限定の情報をいただけると助かります)

-アシェット・コレクションズ

© 2021 週刊なになにドットコム