アシェット・コレクションズ

アシェットから週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』が2020年9月9日創刊!

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』がアシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社より創刊されます!毎号付属するパーツで、通称「ブルートレイン」のEF66形電気機関車、24系食堂車、B寝台車の3車両を、迫力の1/32スケール、リアルなダイキャスト製モデルで作り上げるパートワークマガジンです!全120号で完結します!

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』創刊号

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』創刊号

【商品概要】
■商品名   ブルートレイン 3車両をつくる
■価 格   創刊号特別価格 299円(本体 272円+税)
第2号以降通常価格 1,999円(本体 1,817円+税)
■発売日   2020年9月9日(水) ※地域によって発売日は異なります。
■刊行頻度  週刊
■刊行号数  全120号完結予定
■判型    A4変形
■商品サイト http://www.hcj.jp/EF66/

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』概要

3車両連結で総全長185cm! 大迫力スケールなのに模型初心者でも取り組みやすい

ブルートレイン黄金時代の東海道・山陽本線「あさかぜ」で編成された

  • EF66形直流電気機関車
  • 食堂車(24系寝台客車 オシ24形)
  • B寝台車(24系25形寝台客車 オハネフ25形)

の3車両を同時に製作していきます。

1/32スケールのモデルは、3車両を連結すれば、圧巻の総全長185cmになります。

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』長さイメージ全盛期のスター機関車 EF66の「顔」や運転席はもちろん、B寝台の2段式開放型寝台、室内灯、備品、食堂車のテーブルセットに至る細部まで精密に再現。

すべてのパーツは塗装済みで、組み立てに特別な材料は不要です。

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』マガジンイメージ

創刊号には特別付録としてスタートアップDVDがつき、組み立ての工程も映像で確認できますので模型初心者の方でも安心して組み立てることができます。

鉄道ファンや、ブルートレインを懐かしく思い出したい方にも取り組みやすくなっています。

JR西日本などが協力! 専門家とともに「理想のブルトレ3車両」の設計開発を実現

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』シリーズガイド表紙

モデルの原型は、JR西日本、京都鉄道博物館、当時ブルートレインの運転を担当していた国鉄OBなど、ブルートレインを愛する研究家たちの協力により開発が進められました。

シリーズの「顔」でもあるEF66形直流電気機関車は、スタイリングがよいだけでなく、貨物輸送に活躍していたパワーを買われた経緯を持つ、鉄道ファンに人気の機関車。

客車2両も代表的な形式を吟味して開発を進めました。

EF66形と24系25形オハネフ25形の設計には、JR西日本の協力と商品化許諾を取得。再設計を経て、ようやく実体化にこぎつけた「理想のブルトレ3車両」と言えます。

照明やサウンド、可動部構造…… ファン垂涎のこだわりギミック!

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』マガジンイメージ

モデルには、ファン垂涎のこだわりギミックも搭載。

EF66形機関車のヘッドライトをはじめ、灯火や室内照明を忠実に再現

走行時のジョイント音、警笛や車内放送を再生することもでき、耳でもブルートレインを楽しむことができます。

これらのギミック操作に使用する特製コントローラーは、運転台をイメージしたデザインになっているところもファンの心をくすぐります。

パンタグラフやドアの可動は、実車の機構に準じて設計されているこだわりぶりです。

操作できるギミック例

  •  EF 66 前照灯・尾灯の点/消灯
  •  EF 66 運転席照明、計器パネル、機械室の点/消灯
  •  EF 66 車輪回転(正転・逆転)
  •  寝台車 尾灯・行き先表示板の点/消灯
  •  寝台車 廊下・読書灯の点/消灯
  •  食堂車 室内照明の点/消灯
  •  走行音、車内アナウンスの再生
  •  警笛音の再生

ワオ!

これはかなり期待できますね!!

9/22までの定期購読お申込みで!

『定期購読』お申し込みの方全員にプレゼントがあります!

《特典①》特製ツールボックス

特製ツールボックスが『定期購読』お申し込みの方全員にプレゼントされます!

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』ツールボックス

特製ツールボックス

パーツやネジの保管、工具の収納に便利。ロゴ入りオリジナル工具箱。
サイズ:W 23cm×D 16cm×H 6cm ※工具類は付属しません。

《特典②》運転士フィギュア&特製銘板セット

運転士フィギュア&特製銘板セット

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』運転士

運転士フィギュア

製作するEF66の運転席に着座できる運転手フィギュア。
さらに作品に風格を添える金属製銘板セット!

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』特製銘版セット

金属製銘板セット

特製銘板サイズ:W 各2.7cm
L(EF66・食堂車)19.5cm (寝台車)26cm (製作者銘板)16cm

プレミアム定期購読特典ではディスプレイを!

【ディスプレイにもこだわりを! プレミアム定期購読特典】

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』ディスプレイ台

3段式ディスプレイ台

本誌特製 3段式ディスプレイ台
サイズ:W 70cm×D 52.5cm×H 27cm
4号以降、毎号250円(税込)を追加すると、最終号と同時期にお届けします。

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』の総額はいくら?

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』を120号まで購読した場合にトータルの費用を計算します。

基本情報は以下の通りです。

創刊号は、特別価格299円(税込)です。第2号以降は通常価格1,999円(税込)です。
模型3車両の車体外装パーツを提供する号は次のように価格が変わります。【予定】100号:機関車EF66形 車体外装パーツセット:3,999円(税込) / 110号:食堂車オシ24形 車体外装パーツセット: 3,999円(税込) / 120号:寝台車オハネフ25形 車体外装パーツセット: 3,999円(税込)

プレミアム定期購読をお申し込みの場合、創刊号は特別価格299円(税込)、第2号、第3号は通常価格1,999円(税込)、第4号以降は2,249円(税込)です。
模型3車両の車体外装パーツを提供する号は次のように価格が変わります。【予定】100号:機関車EF66形 車体外装パーツセット: 4,249円(税込) / 110号:食堂車オシ24形 車体外装パーツセット: 4,249円(税込) / 120号:寝台車オハネフ25形 車体外装パーツセット: 4,249円(税込)

週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』通常購読時の費用

299+1999x116+3,999x3=244,180円(税込)

「本誌特製 3段式ディスプレイ台」をゲットできるプレミアム購読の場合には、250x(120-3)= 29,250円がプラスになり トータル  273,430円です。

この他にバインダー費用もかかります。

しかし、この週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』はかなりのこだわりを感じます。ファン垂涎ですね!!

▼ 創刊号を購入しました。

【レビュー】アシェットの「週刊ブルートレイン 3車両をつくる」創刊号を組み立てたら難しくて泣けた。

週刊ブルートレイン 3車両をつくる創刊号の内容物
【レビュー】アシェットの「週刊ブルートレイン 3車両をつくる」創刊号を組み立てたら難しくて泣けた。

アシェットから発売された週刊『ブルートレイン 3車両をつくる』の創刊号を購入し、組み立てました!299円でこのビッグサイ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

shu-nani

デアゴスティーニやアシェットから発売される「週刊〇〇」に興味がありすぎて情報サイトを立ち上げました!よろしくお願いします! (地方限定の情報をいただけると助かります)

-アシェット・コレクションズ

© 2021 週刊なになにドットコム